masao_shindo

トレンド転換かトレンド継続か ~トレードで意識するべきところ~

教育
TSE:2897   日清食品ホールディングス
(2897)日清食品ホールディングス 週足

相場はトレンド相場と調整局面とに分かれます。
トレンド相場は分かり易く、調整局面はわかり難い動きとなる傾向があるといった特徴があります。
大きな利益を狙うにはトレンド相場をしっかりと獲る必要があります。
調整局面は動きが難しく大きな利益も取り難いところです。

ですから、そのトレンド相場と調整局面の違いをはっきりと見極めなければいけません。
トレードをするのであれば、常にその点を意識する必要があります。
その見極めが出来ればトレンド相場だけをしっかりと獲ることが出来るようになります。
勿論、その見極めは簡単ではありませんが・・・

トレンド相場か調整局面か、トレンド転換かトレンド継続か。
常にその点を意識することで、トレンド相場を獲ることに意識が向きますので、大きなチャンスを手に入れることができます。

皆さんもご自身が見ている銘柄のチャートから、どこがトレンド相場かどこが調整局面かを見極める習慣を持ちましょう。
そうずれば、トレンド相場に対する考え方がはっきりとしてきます。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

2番目の調整局面(2015年11月16日)では、一度ロングする場面が出てきそうです。2015年1月26日の高値更新をするか!との期待で。。(^^)
返信
@kent1204, さん

コメントありがとうございます。
仰る通りです。ダマシに合うかもしれませんね。
ただ、その前の帯が横ばいでもみ合いになっている後の最初の上下の放れはダマシが多いことも意識しておけば参戦したとしても傷は浅く済みそうですね。
返信
kent1204 masao_shindo
ありがとうございます。ダマシにあう覚悟を持って挑戦していきます!
返信
調整局面に入ったことに気づくのが遅くていつもやられています。
返信
@tx4187, さん
コメントありがとうございます。
調整局面入りのヒントはトレンドラインが分かり易いですね。
帯の形状の変化もそうですね。
チャートの形もそうですが、小さなヒントの積み重ねですので一緒に学んでいきましょう。
返信
tx4187 masao_shindo
@masao_shindo, ありがとうございます。トレンドライン、帯の形状の変化を意識してみます。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト