masao_shindo
教育

チャンス銘柄発見と思えますか? ~膠着状態のチャート見て何を感じるか~

TSE:4543   テルモ
(4543)テルモ 週足チャート

さて、1年ほどの膠着状態の銘柄です。
「動いていないね」
「日足で見るとごちゃごちゃしているな」
「こんな銘柄は取れないから興味ない」

などなど、皆さんお声が聞こえてきそうです。

私は、こういった銘柄を発見するとチャートを見ながらニコッとしてしまいます。
それはなぜでしょうか?

私のアイデア投稿を読んでいただいている方は、ご理解頂いていると思いますが、
相場はトレンドがある相場とトレンドの無い相場(中間波動)の二つで構成されています。
トレンド相場はいずれ終わりを迎えます。
上昇トレンドから下降トレンドに綺麗に転換して常に分かり易ければ相場は簡単だと言えます。
ところが、トレンドはそう簡単に転換しないのですね。
トレンドの無い時間軸が続くことで、投資家をふるい落とし迷わせるのです。
中間波動を理解していない方は、ものの見事に迷路に迷い込んでしまいます。

トレンド相場が終われば中間波動が始まり、中間波動が終わればトレンド相場が始まる。
必ずではありませんが、この仕組みを理解することが大事です。
この仕組みを理解するだけでもトレード技術がグレードアップします。

では、分析しましょう。と言いながら上がるか下がるかを考えてはいけませんよ。
その答えは神様しか分かりません。
そうではなく、いつ動き出すのかを考えましょう。
そして、動き出した方向に追随してポジションを持つのです。
いつ動き出すか、といったヒントを見つけるためにラインを引いています。
現在、小さな拡大トライアングルを形成しています。
これが、上下どちらに抜けるかをチェックしましょう。
次に高値と高値を結んだ上値抵抗線、下値と下値を結んだ下値支持線(ネックライン)のどちらに抜けてくるかを見ていきましょう。

相場分析の肝は上がるか下がるかよりも、トレンド相場か中間波動かを見極めることの方が大事だと私は考えています。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプセンター 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト