masao_shindo
教育

トライアングルの研究~三角持ち合い~

TSE:6328   荏原実業
291 views
26
291 0
(6328)荏原実業 週足チャート

三角持ち合いが大好きな私ですが、
上記のチャート「いかがでしょうか?」とメッセージを頂きました。

素晴らしいチャートです。
このようなチャートを見ると、私はワクワクしますが、投資家泣かせのチャートですよね。
このような複雑なチャートは分析のやりがいがありますが、複雑な波動だけに自身の分析に拘らないことが肝要です。

昨年末の安値、今年1月の高値をどう見るかが焦点になります。
昨年末の安値が調整完了ならば、今年の高値は天井ではなく新たなトレンドの始まりとなります。
そうであれば、今年の三角持ち合いは上に抜けてくるでしょう。そして、年初の高値を更新してきます。

一方で、今年の高値がイレギュラートップ(拡大トライアングル)の戻り天井であれば、
底打ちをしていないことになりますので、昨年末の安値に向けた動きになります。

上記の説明はエリオット波動的な説明になりましたが、
移動平均線大循環分析で見ると、帯が横ばいで価格が帯を挟んで推移していますので綺麗なもみ合い相場になっているのが分かります。
三角持ち合いも、もみあい相場も、放れを待って放れた方についていくのが基本的な手法になります。

暫くは投資家泣かせの動きが続きそうですが、何れ分かりやすい動きになるところが出てくると思われます。
そこを狙っていきましょう。

銘柄探しに苦労されている方が多いようです。
個人的には、このようなゴチャゴチャしている銘柄をトレーディングビューのウォッチリストに入れています。
綺麗な波動の後には、わかり難い動きになることが多いです。
わかり難い動きが終われば、わかりやすい動きになります。
そこを狙うためにわかり難い銘柄をトレードせずにウォッチリストでチェックしておきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト