masao_shindo
教育

サポレジ転換 ~200日EMAの考察~

TSE:6501   日立製作所
日立製作所 日足チャート

移動平均線大循環分析で見てみましょう。
昨年は200日EMAの攻防から下抜けして、下降帯が長く続く下降トレンドでした。
そこから、今年に入って再び200日EMAの攻防となり、今度は上抜けてきました。
下降帯から上昇帯に移行して200日EMAがレジスタンス(抵抗)からサポート(支持)にかわってきているのが分かります。
特に、200日EMAは大局の強気と弱気の分岐点といわれているだけに重要なポイントのラインとなります。

このトレンド転換するときに、大循環MACDのMACD2(短期EMAと長期EMAの間隔を見るMACD)がチャート上一番乖離していました。
乖離したからトレンド転換したと判断するのはいけませんが、乖離しているところは要注意ポイントであることは間違いありません。

このような局面のときに、帯MACDが拡大から縮小に移行したり、大循環ストキャスの買いサインが出てきたりすると、
その乖離はトレンド転換の可能性が高まってきます。

200日EMAが下向きとなっているか、上向きとなっているかというのはトレンドの流れを判断するのに重要なサインの一つです。
下向きだった200日EMAが上向きに移行してきました。
ということは、大局の流れが下降トレンドから上昇トレンドになってきたということです。

レジスタンスラインだったところが、サポートラインにかわるとトレンドの方向性がかわります。
非常に興味深いところであり、且つ、重要なところですね。

このままトレンドが継続するのかどうかに注目していきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

MACD2乖離+帯MACD縮小+ストキャサイン が何故転換暗示なのか、考え始めました。
返信
@Henry-T, さん
コメントありがとうございます。
MACD1は短期EMAと中期EMAの間隔を見ています。
MACD2は短期EMAと長期EMAの間隔を見ています。
MACD3(帯MACD)は中期EMAと長期EMAの間隔を見ています。
一番乖離が起きるのが短期EMAと長期EMAの間隔ですね。
つまり、MACD2ですね。
ここを理解すると見えてくるのがあります。
宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト