J-StockChannel

基本はロングの姿勢を維持

TSE:9433   KDDI
当銘柄は最近市場で目立った動きをメディアで確認することができます。同業他社は遅れを見せる中格安SIMとは別にeSIM限定のサブブランドの設立など、抜け目なく市場での顧客獲得を目指しています。楽天の参入にて不安視された顧客の移動も今回の動きで制御でき、むしろ楽天の受け皿に廻り上手く、効率よく自社のアピールを行いながら顧客獲得ができる体制となっています。短期的にも首相の発言にて株価が下落した現在は高配当を獲得するには良いポイントかと思います。大きく下落したが業績には影響のないプランを発表するなど今後の戻りを期待して今一番光っている株だと私は判断します。