masao_shindo

200日移動平均線と価格の関係

教育
TSE:9501   東京電力ホールディングス
(9501)東京電力ホールディングス 日足

今回の投稿では2つのテーマを書いていきたいと思います。

一つは、200日移動平均線と価格の関係。
もう一つは、直近相場の動向についてです。

ではまず、200日移動平均線と価格の関係について見ていきましょう。
ここでは基本的な事を記載します。
我々がチャートを見る時には200日移動平均線の動きに注目するべきです。
そして、どこに注目するかというと、200日移動平均線の傾きと価格の関係です。
200日移動平均線が右肩上がりなのか、右肩下がりなのか、横ばいなのかということです。
これで、何が分かるかというと、大局の動きが分かります。
右肩上がりであれば大局が上昇トレンドであるということ。
ということは、第1ステージが中心となって推移し易いということです。
右肩下がりはその反対で、横ばいの時はステージがコロコロと変わりやすいということです。
これだけで、どういった戦略を組み立てればよいかが分かりますよね。

次に、直近相場について見ていきます。
現状は、上昇期である第1ステージですが、短期移動平均線が帯に接近しています。
これは、上昇相場が一息ついて、次の展開がどうなるかを確認する時間帯になっているということです。
ここから、更に上昇トレンドが継続するのであれば、上昇帯でサポートされて短期移動平均線が上向きになり高値更新していきます。
一方で、上昇トレンドが終了するのであれば、短期移動平均線が上昇帯を下抜けてきます。
そのときにはステージが2→3→4と変化します。
つまり、現状はその結論待ちの重要局面であるということです。

短期移動平均線と帯の関係に注目しましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。