masao_shindo
教育

水平線とトレンドライン

TSE:9616   共立メンテナンス
(9616)共立メンテナンス 日足

水平線とチャネルラインを入れると、仕掛けと手仕舞いのヒントが見えてきます。
また、それと同時にそれぞれのラインを超えたり、割ったりすることで相場の状況を理解することができます。

これをもう少し細かく見ることで小さな変化も見ることができますよね。

水平線は抵抗線であり、支持線となります。
また、トレンドが転換するところと継続するところを示しています。

チャネルラインを入れると、相場の強弱を教えてくれます。

このようにラインを入れることで、何もなかったチャートに様々なヒントを教えてくれます。

そして、どこのラインを超えたり割ったりしたら、どのような変化が出てくるのかを考えましょう。

どこがトレンド転換なのか、
どこがトレンド継続なのか、
もしくは、加速していくとすればどこなのか。

そういった目線でチャートを見ていくと見え方が変わってきます。
見え方が変わればトレードにも変化が出てきますよ。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

いつもわかりやすい解説有難うございます。
トレンドの継続、加速、反転の見方が参考になりました!
返信
@k-mak, さん
コメントありがとうございます。
参考になってよかったです。
これからも宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト