masao_shindo

分かりやすいチャートと難しいチャート

教育
TSE:9735   セコム
(9735)セコム 週足チャート

チャートを見るときに、まず大局をみて大きな流れを確認します。

次に目先の動きを確認します。

その方法は足種をかえるというのもありますが、一つのチャートで見る時にも見方があります。

まずは大局を見るために、200本EMAの方向性を見ていきます。

今回は緩やかな右肩上がりの動きになっていますので、非常に分かりやすい動きになっているというのが200本EMAからは分かります。

次に、目先の動きを確認するために移動平均線大循環分析の帯を見ます。

中期移動平均線と長期移動平均線の間を帯と呼び、黄色の帯を上昇帯、水色の帯を下降帯といいます。

そして、この帯の動きを見ると、上昇帯と下降帯が短期間で入れ替わっているのが分かります。

特に直近の相場は値動きも大きく、振り回されやすい相場展開になっています。

200本EMAの動きは分かりやすいのですが、帯の動きを見るとわかり難い動きになっているのが分かります。

こういった動きはトレードするときには難しく感じるチャートとなります。

その時は、200本EMAの方向性に合うときだけトレードをするとか、足種をかえるとかの工夫が必要となります。

場合によっては、難しいチャートになった時にはトレードをしないという選択肢があります。

ただし、難しい動きが続いているからといって、今後も難しい展開になるとは限りません。

この上なく分かりやすいチャートになることもありますので、チャートの動きに素直にトレードをしていきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。