FX365_Thailand

【AUDCHF】相場分析20200831 週足下降チャネル上限でレンジ/上下どちらに抜けても狙い目の通貨ペア

FX:AUDCHF   豪ドル/スイスフラン
【サマリ】
一般的にはマイナー通貨ペアとして知られるオージーフラン。
現在週足下降チャネルの上限でレンジを形成しており、上に抜けても下に抜けても大きく動く可能性が期待できることから、今後の展開が楽しみな通貨ペアとして紹介すると共に、ロング・ショートそれぞれの戦略を解説します。
特にスイングトレードを主にされている方は、注目しておくと良いかもしれません。

【詳細】
長期足の確認による環境認識です。

<長期足>
週足
まず週足をマクロでみたチャートが以下です。

<週足マクロ>

2012年の半ばから長期で下降トレンドを形成しており、また赤の下降チャネルが綺麗にハマる下降トレンドを描いています。

そして週足を直近にフォーカスしたチャートが以下。

<週足ミクロ>

マクロチャートで見た下降チャネルの上限まで到達しています。
ここから考えられる大きな動きとしては、
1.チャネルを超えて上昇していく動き(緑の波動)
2.前回高値のライン(赤の水平線)で抵抗され、チャネルを抜けられずにWトップを形成して下降していく動き(赤の波動)
が挙げられると思います。
ちなみに赤の水平線の近くにある青の鍵線が2年移動平均線であり、週足の前回高値と重なっていることからも、ここを超えられるかどうかが非常に大きな節目と言えます。


<中期足>
日足(最上部チャート)
コロナショックの急落からV時回復を果たす過程で上昇5波が形成され、現在は週足下降チャネル上限という天井圏で調整波を形成している局面です。

緑のボックスで囲われた部分でレンジを形成していることからも、レンジ下限で買った人、レンジ上限で売った人のポジションがそれなりに溜まっていると考えられるゾーンです。
そのため、
1)レンジを上に抜ければ、売りポジションの損切り+週足下降チャネル上限という節目を抜けたことによる新規の買い、またレンジ上限を抜けたことによる新規の買いが相まって、大きく上昇していく可能性
2)レンジを下に抜ければ、レンジ内で買いポジションを作ったトレーダーたちの損切りを巻き込み、さらにレンジを下抜けたことによる新規の売りが合わさって大きく下落していく可能性
を想定することができます。


最近は豪ドルが圧倒的に強い地合いなのでどちらかというと上に抜けていく可能性の方が高いかなと個人的には思っていますが、どちらに抜けるかは相場次第。
今後の動向を踏まえて、抜けた方についていけるようにしっかりとシナリオを立てておきたいところです。

■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG