easyMarkets

日足移動平均線で反発したAUD/JPYは売られ過ぎか。

ロング
EASYMARKETS:AUDJPY   豪ドル/円
豪ドルはオーストラリア準備銀行が利上げを遅らせた影響を受けて下落基調となっている。

インフレ議論に再び火をつけることとなった今週水曜日の米国物価指数の発表を受けてUSD/JPYは続伸。それに伴いAUD/JPYはAUD/USDほどの下落を見せていない。

1豪ドルあたり82.80円の価格帯を示す200日移動平均線のやや上方でAUD/JPYは停滞しているが、テクニカル分析的には84円台までの反発を見込める。もし来週発表のオーストラリアにおける賃金指数がインフレ色を強めるのであれば、1豪ドルあたり86円までの上昇がありえるかもしれない。

目下のリスクは、米国株の調整もしくは中国における突発的な重大ニュースだ。

easyMarketsアカウントならTradingViewと統合可能で、TradingViewのネットワークと先進的なチャート分析ツールを駆使しながら完全固定スプレッドで規制許認可を受けたトレード環境を享受できる。完全固定スプレッド、損失ゼロカット制度、手数料なしの証券会社にアクセスしよう。

このウェブサイトに含まれる意見、ニュース、調査、分析、価格、その他の情報、または外部サイトへのリンクはそのまま提供され、情報共有のみを目的としています。アドバイスや推奨、調査、取引価格の記録、または金融商品取引の勧誘ではありません。提供される情報には、特定の投資目的、金融情勢、およびその情報を受け取る可能性のある特定人物の要望は反映されていません。過去のパフォーマンスは、将来のパフォーマンスや結果を予測するに値する指標ではないことに注意してください。サードパーティプロバイダーの合理的な信念に基づく過去のパフォーマンスまたは将来の見通しのシナリオは、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。実際の結果は、将来の見通しまたは過去の業績報告で予想されたものとは大きく異なる場合があります。 easyMarketsは、提供された情報の正確性または完全性、あるいは第三者から提供された推奨、予測、または情報に基づく投資から生じる損失について保証せず責任を負いません。

Come join us today at : https://www.easymarkets.com/