Nekko

【AUDJPY】① 日足 エリオット波動では3波の途中

ロング
OANDA:AUDJPY   豪ドル/円
2020年3月から円安(豪ドル高)になっているオージー円ですが、今回はエリオット波動から分析してみます。

エリオット波動とはインパルスパターン(衝撃波)5波、コレクションパターン(修正波)3波から構成される波動理論のことです。

このうち、
①③⑤(A)(C)が衝撃波で
②④(B)が修正波となります。
以下では

1波を①
2波を②
3波を③
4波を④
A波を(A)
B波を(B)
C波を(C)
と表記することとする。

エリオット波動は非常の奥が深いのでここに全てを記述することは出来ないので現在の分析を記述することとします。

・波動の特徴として
①はわずかな投資家が先駆けて仕掛けて形成される波動であるため、
②での修正波で大きく戻されるケースが多い。
概ね1波の上昇幅の5、6割を戻すと考えられていいます。

この戻しが大きい場合には①に対する信頼性が低いものとなるが、
反対に戻しが小さい場合(今回のケース)では買いたい投資家が多いことを示しています。
今回の波動では②が小さく③で大きく上昇しています。

・もう一つ重要な特徴として③は①③⑤の中で最も小さいことはない、つまり一番長い可能性が高い、ということです。
そうすると、現在上昇中の相場はまだ伸びる可能性があります①と③が同値であったとしたら91円付近となります。

③に到るまでには大きなレジスタンスライン2本が存在します。

青の2つの水平線上には
2017年から2018年にかけてのサポレジが固まっています。
③へ向かうにしても抵抗があるだろうし、仮に抜けた場合、④で2本のラインのどちらかでサポートを受けて⑤へ向かうというのがシナリオの一つです。

これが絶対という訳でもなく、色んなシナリオが考えられますが
本来なら考慮すべきエリオット波動論を省いて、出来る限りシンプルにして考えてみました。

はじめから、全ての理論を端から端までマスターするのは無理です。
少しずつでも良いのでテクニカル指標をマスターしていきましょう。

そうすればマーケットアナリストの面白さが分かってきますよ。

本日は以上です。ご覧頂きありがとうございました。
(注)
銘柄、通貨ペアの推奨は行っていません。あくまでも投資は自己責任でお願いします。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター