InvestorET

【アリババ/NYSE(日足)】中国の内需がフィーバー中🔥コロナで海外旅行できず引きこもり急増中!

ロング
NYSE:BABA   アリババ・グループ・ホールディングス
中国の内需関連銘柄にはかなり期待しています。
内需といったらそう、中国のアマゾンとも呼べる「アリババ」です。

今年は国慶節と中秋節という祝日が重なっているため、8連休となります。
そこで普通は中国人なら海外旅行にみんな行くのですが、今年はパンデミックで行けません。

そんなわけで本土に人が溢れかえっているのです。
独自ソース(現地)から得た情報によると、都市部はみんな外に出たくなくなるくらい人が多いらしいです。

これはECサイトの売上に期待できます。

さらに、アリババは、ここ数週間でブロックチェーン関連の事業にも出資を始めているとのことで、その事業内容からも後にかなりの利益を得ることになるでしょう。
これについてはまたどこかでお伝えします。

香港市場ではなく、あえて今回は米株で見ています。
なぜならニューヨーク証券取引所は休場じゃないからです。この時期のアリババの価格形成は米株手動です。

直近の株価は、大型連休前に飛びついた投資家が少なからずいたことが9月30日の上昇から伺えます。
また、短期的には調整局面のチャートですが、中長期的には上昇基調となりそうです。
コメント: 現地中国の国内旅行はだいぶ落ち着いてきています。
国慶節・中秋節もラストスパートに入り、仕事を始める人達も増えてきました。現地の観光スポットは少し人が疎らになってきています。
また、香港の株式市場はスタートしています。

とはいえ、本日のNYSEのアリババの株価上昇は香港市場の影響も受けています。内需フォーバーはまだ完全に織り込まれていません。

一時的なイベントは終わりましたが、ここから次の決算まで上昇トレンドは継続すると見ています。