masao_shindo
教育

トライアングルを抜けた後の考え方

BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
ビットコイン 日足チャート

つい先日にビットコインについて記事を書きました。
ビットコインは「トラアングルの宝庫」という内容でした。

さて、トライアングルが煮詰まってきているなと感じていましたが、下に抜けてきましたね。
もみ合いやトライアグルの基本は「放れに付け」となりますが、ここからどうなるのでしょうね。

トライアングルを抜ければ、次にチャネルラインを引きます。
そして、トライアングルの下値支持線(サポートライン)が今度は上値抵抗線(レジスタンスライン)になりますね。

今回は200日EMAが重要ポイントになり、チャネルラインの中心線が意識されます。
つまり、トレンドラインからトライアグルが形成され、ブレイクするとチャネルラインが意識されます。
そこから、一目均衡表の「値幅観測論」を活用して意識される価格を見ていきます。
「値幅観測論」はまた後日に記載しますが、
今回は移動平均線とトレンドライン、チャネルラインの三つを意識するだけでも
十分相場の方向性や流れを知ることが出来るということです。

個人的にはビットコインのチャートはとても素直なチャートだと思っていますので、
チャート分析を勉強するのであればビットコインのチャートから学んでいきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
この投稿、待ってました!(^^)

7800円~9000円辺りの、200日EMAの戦い、
どちらにいくか注目したいと思います♪

実際のチャートを使った進藤さんの「値幅観測論」の解説楽しみにしております
返信
masao_shindo vtrader711
@vtrader711, さん

コメントありがとうございます。
値幅観測論も楽しみにしていてくださいね。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプセンター 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト