COINTOKYO

ビットコイン(BTC)はボックス相場を抜けるも再び反落、今後の価格はどうなるのか?-12月13日チャート分析

BITFINEX:BTCJPY   ビットコイン/日本円
12月10日から11日にかけて下降チャートを形成した仮想通貨ビットコイン(BTC)は、その後12月12日にかけてボックス相場へ以降後、レジスタンスラインを突破し再び40万円台直近まで接触する値動きをみせました。しかしその後再び反落相場へ切り替わっています。ビットコインのチャートを確認していきます。

40万円台付近から下降チャートを形成した仮想通貨ビットコイン(BTC)はトライアングルパターンを形成
BTC/JPYの15分足チャートをみていきます。12月11日から12月12日にかけてボックス相場を形成したBTCはレジスタンスラインを突破後39万5千円台まで上昇する値動きをみせました。再び40万円台付近での値動きをみせたBTCではありましたが、40万円台突破には至らず、本日12月13日には再び下降チャートを形成しています。

新たな短期下降チャートを形成しているBTC、チャート上では本日形成された下降トレンドラインと12月8日から形成された上昇トレンドラインからトライアングルパターンが形成されています。今後も現在のトレンドラインに沿った値動きが続く場合、トライアングルパターンの収束点は明日12月14日ということになり、大きな値動きをみせる可能性があるタイミングといえるでしょう。

明日12月14日に一目均衡表の雲は非常に薄くなる見通し、上昇の兆しがみられるのか?

次にBTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。12月12日のボックス相場を上へ突破することに成功したBTC、一目均衡表の雲も12月12日以降薄く上方へ移動しており、現在のBTCチャートは一目均衡表の雲に沿った値動きをみせているといえるでしょう。今後も一目均衡表の雲を意識する場合、12月14日の雲は38万6千円台から38万3千円台で推移することになります。また本日から明日12月14日未明にかけては雲が非常に薄くなるタイミングとなり、大きく上昇するチャンスともいえるでしょう。

BTCの注文比率では、12月11日に急上昇した売り注文量はその後減少し、11日に上昇した分はほぼ解消されています。対して買い注文量は12月11日に上昇した分現在も溜まっています。そのため現在12月8日からの上昇トレンドライン割れを起こすタイミングは十分に注意しましょう。

二つのトレンドラインから新たなトライアングルパターンを形成しているBTC、その収束点は一目均衡表が非常に薄まるタイミングと一致しており、大きく上昇をみせるチャンスではあります。今後上昇した場合、短期移動平均線である39万4千円台まで意識しおいた方が良いでしょう。また今後下落をみせる場合、12月8日の上昇トレンドラインを意識しましょう。トレンドライン割れは短期的に溜まっている買い注文の解消が起きる可能性もあります。
コイン東京―仮想通貨ニュースと速報
https://cointyo.jp/
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト