COINTOKYO

ビットコイン(BTC)はレンジ相場内で一つの動きをみせる。今後、市場の変化が起きるのか?-10月24日チャート分析

BITFINEX:BTCJPY   ビットコイン/日本円
仮想通貨ビットコイン(BTC)はレンジ相場内で強気相場へ切り替わるシグナルを出現させてきている

BTC/JPYの2時間足チャートをみていきます。10月19日以降レンジ相場を続けているBTC、レンジ相場内での値動きでは上値を200日移動平均線に抑えられた値動きが続いていました。10月23日は71万4千円台まで一度下落したBTC、下値近辺では反発の動きもみられており、ローソク足には長い下ヒゲを伴うローソク足が連なっていることがわかります。また10月23日では下値近辺での値動きが続いており、BTCは下落方向の動きが強かったといえるでしょう。その中でしっかりと支えきる動きをみせたBTCは71万4千円台の底が硬いことが判断できます。

本日10月24日には再び上昇への値動きに切り替わります。日本時間の午前中ではこれまでと同様に200日移動平均線に上昇を押さえ込まれる値動きも確認できます。しかし日本時間の午後には遂に200日移動平均線を越える動きをみせることになりました。移動平均線を超えた後のBTCは一気に上昇し、72万5千円台まで上値をつけることになりました。

このように、レンジ相場内で71万4千円台の強力な支持、またこれまでレジスタンスラインとして働いていた200日移動平均線を上方へブレイクしたBTCは強気相場へ転換される可能性が高まっています。

次にBTC/JPYの4時間足チャートをみていきます。2時間足チャートにて本日10月24日に長期移動平均線を上方へブレイクしたBTCは72万5千円台まで上値をつけています。本日つけた上値は10月21日につけた上値と同価格帯であり、直近上値ということになります。

またBTCの注文比率をみてみます。10月19日以降のレンジ相場にて大きな動きをみせていなかったBTCの注文比率ですが、10月23日以降から売り注文量が減少していることがわかります。また本日10月24日には移動平均線のブレイクに伴って買い注文量も上昇しています。BTC注文比率からみても、現在のBTCは上昇方向への値動きがみられる可能性が高まっているといえるでしょう。

未だレンジ相場内での値動きをみせており、本日つけた上値も直近上値で反発をみせているBTCではありますが、多くの要因で上昇方向へ動き出す可能性を高めていることがわかります。今後のBTCの動きに期待したいところです。
コイン東京―仮想通貨ニュースと速報
https://cointyo.jp/
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト