COINTOKYO

ビットコイン(BTC)は一目雲に上昇を抑えられる展開に、ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/6/2】

BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
急落後のビットコイン( BTC )は価格を約半値近く戻すものの、一目均衡表の雲に抑えられる形
BTC /JPYの2時間足チャートを分析していきます。5月31日に上値を一時99万円台まで伸ばしたビットコイン( BTC )は2019年度の最高値を更新し、大台となる100万円台接触まで残りわずかとなりましたが、その後非常に強い反落を受け、下値を一気に88万円台まで落とす値動きを見せました。

急落を起こしたビットコイン( BTC )は、それまでサポートラインとして機能してきた一目均衡表の雲を下回り、更に5月上旬から形成されている上昇トレンドラインをも下回る形を見せています。

複数のサポート要因を下回ることになったビットコイン( BTC )ではありましが、反落後は5月16日以降の下降トレンドラインをサポートとし、緩やかな上昇チャートを形成しました。
しかし6月に入り、ビットコイン( BTC )は上値近辺に一目均衡表の厚い雲が推移する相場となり、大きな上昇の動きを見せられない状況にあります。

【ここがポイント】ビットコイン( BTC )/JPYの価格チャートの見方

今後のポイントとして、現在上値近辺に一目均衡表の厚い雲が推移している相場で上昇チャートを継続できるのかという点です。しかし本日6月2日はこれまで上昇を抑え込んでいた一目均衡表の雲が非常に薄まるタイミングが訪れることになります。

再び上昇を目指したいビットコイン( BTC )にとって、本日6月2日は上昇しやすい日になりやすいことが予想されます。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

本日6月2日に一目均衡表の雲が薄くなる見通しとなっているビットコイン( BTC )は上昇の値動きが見られやすい相場へ移ります。仮に上昇チャートを形成し、一目均衡表の雲を上抜け出来た場合、5月上旬から形成されている上昇トレンドラインが上値の目安となりやすくなるでしょう。

更にトレンドラインを突破できた場合、ビットコイン( BTC )相場では押し目買いの動きが確認できる可能性もあります。トレンドラインにて抵抗を受けた場合、ビットコイン( BTC )は弱気相場への可能性が残される形となるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

まず注目すべきは一目均衡表の雲が推移する価格帯です。本日6月2日の場合、93万5千円台となります。上昇の動きを見せた場合、5月上旬からのトレンドラインが推移する94万9千円台まで意識しましょう。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト