BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
こんにちは Yu2 です。

昨日攻撃的な買いの場だと言及したUSD 6550~6600区間で反騰が出ました。



まずは 1時間足で、上昇三角形が作られています。 作られる理由は同じ場所で抵抗を受けるが、買いが上がるためです。 離脱する方向に動く予定であり、同じ席の抵抗を受けて降りてくるか抵抗を突破し、上昇するか分かりません。



下落に対する下落持続合図の下落ダイバージェンスはまだ有効であり、この下落ダイバージェンスは高価を6900 USDより高くする前までは有効です。



4時間足の基準で50EMAと21EMAの支持を受けることができるが、上に100EMAの抵抗があります。



4時間足の21EMAと50EMAの突破後、100EMAの抵抗を受けている今の状況は6月初めの状況と似ています。 50EMAは突破したが、100EMAを突破しなければ、6月初めと同様に下落することができます。

次は一目基盤分析です。



サークルで表示した部分を見ればわかるとおり、上方の旗パターンを作りながら下落傾向が続いて行こうとしていて急いで反騰が出た姿です。

現在30分足の基準で雲の上に再び掲示され、基準線と転換線すべての雲の上に上ってきて、正の配列を成し遂げた姿です。 30分足に見ると、いい姿です。



1時間足の基準でみると、上昇をしたが、抵抗ボックスパターンの影響を離れられなかったです。 MACDはデッド・クロスの直前です。 短期的に下落が予想されます。



4時間足は基準線の支持を受けて転換線まで突破しました現在は黄色いボックスの抵抗と中期の下落線の抵抗を受けています。 1時間足で見た下落信号が信頼を得ている姿です。 転換線と基準線の支持を予想してみることができるが、大きな絵で、上方の旗パターンがまだ描かれているところであるため、USD 6500付近まで離脱する可能性があります。

4時間発議雲がうまく運ばない部分と旗パターンの下に立った中期のハラクソンが一堂に集まる地点を見ることができます。 23日21時大きな変曲が予想されます



変曲日で大きな動きが出ると仮定した時4時間足の雲をいかに利用するかによって動きが決め手になります。

赤い矢印は雲を下方離脱する姿であり、緑の矢印は旗パターン下段あるいは雲下段まで到達した後、支持を受け、雲の見返りうまく運ばない付近で雲を容易に突破する姿です。

もちろん、二つのパターン全て旗パターンから自由ではないです。 しかし、緑色の矢印の動きがもう少し希望的に見えます。 一旦は従来に離脱した長期上昇トレンドに、再び挑戦する姿だからです。

私はまだ下落傾向にさらに重きを置いていて上昇への転換がなされていないと思います。 したがって、現在は進入しそうな時点ではなく、進入するとすれば、BITMEX相場基準でUSD 6800近くでSHORTポジションに入ることを考慮して見ることができます。

以上 Yu2 です。

長い分析を読んで下さってありがとうございます。
コメント: 4時間発議雲がうまく運ばない部分と旗パターンの下に立った中期のハラクソンが一堂に集まる地点を見ることができます。 23日21時大きな変曲が予想されます

->

4時間発議雲がうまく運ばない部分と旗パターンの下に立った中期の下落線が一堂に集まる地点を見ることができます。 23日21時大きな変曲が予想されます
コメント: いいねとフォローは私にとって大きな力になります!!
コメント:

4時間足の基準に上の抵抗ラインを基準に上昇クギ型パターンです。 パターンの特性上、下放離脱の可能性が大きく、予想可能な反騰区間は6640/6600です。 もし売りが強ければ6550まで追加下落の可能性があり、この場合はダブルトップパターンに認識が可能で、追加的に下落する可能性が大きいです。
コメント: 午後、分析どおり、BITMEXの相場基準でUSD 6750~6800区間のSHORTポジションはまだ有效あり、STOP LOSSは6820程度に設定したらと思います。 ターゲットは6650です。
따봉드림
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト