FX365_Thailand

【BTCUSD】ビットコイン 今回の下落もフィボナッチ数( "8" )

BITSTAMP:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
前回の投稿(下記リンク参照)ではビットコインの2017年バブル時のチャートとフィボナッチ比率の関連性について言及しましたが、今回の55000ドル超えからの下落もフィボナッチ数がピタリとハマる形となりました。

チャートは米ドル建てビットコインの週足チャート。
2020年3月のコロナショックからの急上昇の起点からフィボナッチリトレースメント(※エクステンションの方向)を当てると、下落の起点となった57000-58000水準が"8"のレベルと一致します。8はフィボナッチ比率ではありませんが、フィボナッチ数ですね。

また、前回1月半ばの比較的大きな調整の際もレベル"5"水準で起きていることがわかります。

次のフィボナッチ数は"13"です。
90,000ドル水準であり、ここまで上がってこれるかは不明ですが、13は西洋で最も忌避される忌み数でもあり警戒したいですね。

フィボナッチは比率と数双方が相場で意識されるレベルです。
5や8は普通の相場では出てきませんが、3は3.618の手前で止まる場合などに意識されるケースも多々あります。
■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

TradingViewでFollowすると投稿の度に通知が届きます。ぜひフォローお願いします
http://bit.ly/3s888QI

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター