DEG_2020

11月のBTCはアノマリー通りの強さを見せるか、慌ただしい中国のブロックチェーン情勢もウォッチ。

ロング
COINBASE:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
BTCは形成していた大型のディセトラを9月に下抜けし10000ドル割りこむ、その後200MAを割り込む下落。
10月中も続落し7345ドルまでをつけ、中国のブロックチェーン推進報道を受け大型のショートカバー10556ドルまで到達しトレンド転換を匂わせるも現物出来高が増加せず(世界的に)プレイヤーの変化を感じられない状態。

11月に向けBTCの状況をポジネガ要素で分類。

ポジティブ要素
【BTC関連】
・BTCの月別勝敗アノマリー2011年から11月は7勝二敗
・BTCテクニカル上重要な200MA上をキープ中
・グレイスケールのGBTCプレミアム復活傾向にあり米国の中長期資金の流入
・米国先物取引所のBakktの出来高が増加中
・6月の高値から(13866→7345)47.4%の調整
・2020年の半減期高騰という共同幻想による現物売りの減少
【世界情勢】
・中国のブロックチェーン推進宣言からアルトコインへの資金流入観測
・米国の利下げ世界的な金融緩和によるリスクオン
・Bitmaim、Kanonらの大型マイナーの米国IPO申請(クリプト産業の認知)

ネガティヴ要素
【BTC関連】
・BTCハッシュレート下落兆候(マイナー投資の冷え込み?市場心理を冷やす可能性)
・BTC現物の10月下旬の高騰以降の出来高は軟調でトレンド転換とは言い難い
・CMEBTC先物の出来高が数ヶ月に渡り低迷中
・8800ドルにあるCME先物の窓(過去に埋める傾向が強い)
【世界情勢】
・Tether(USDT)の大型新規発行が2ヶ月以上未観測
・米国FRBが3連続利下げし、先行きは休止示唆(リスクオフ)

筆者はBTC現物を保有中。
200MA上(現在9092ドル)CMEの窓(8900ドル付近)にロングポジションの指値をエントリー中。
トレードは手動で終了しました: 11/10更新
重要な200MAを明確に割り込み中期の下落トレンド入りと見ます。
ロングは損切り、BTC現物は利食いしました。

BTCの難易度調整後、マイナーの採掘原価も下がってきており資金流入もなく下値を試しに行くフェーズと予想。

8400、8000ドルのサポートを守れるか。
筆者情報
ツイッターアカウント
https://twitter.com/DEG_2020
ブログ
https://www.bitcoin-trade.info/
使っている取引所→FTX
https://ftx.com/#a=DEGKingdom
FTXガイド
https://learn-trade.tech/