BitCoinGuide
ロング

BTCUSD1月20日 Bybit ビットコインチャート分析です。(ビットコインガイド)

BYBIT:BTCUSD   ビットコイン/米ドル 無期限先物


こんにちは。

「単純に収入う」

ビットコインガイドです。



「フォロー」、「良い」

一つずつ押していただいて、


BTCUSD1月20日バイビットのビットコインチャート分析を開始しま









上部には、先週に残しリン30群れチャートです。

まず、一回の垂直上昇が出ながら、
スマイル区間をタッチしてくれたので、
1次ロング収入清算後に、
待って2車ロングポジション戦略を進めています。



進入タイミングによっては、
違いがあり得だろう
ギフト枚仕上げされるまで元の位置に戻ってくれ、

後に追加粘性タッチの後、
申し上げた調整が発生でしたね


そして、ビットコインの特性について理解する必要がありされ
先週プレゼント章でジョンゴジョムを突破していなかったので

ビットコインプレゼント枚の中心であるコイン市場で
現物取引所や、
勢力をは勝手傾向を変えません。

この時に発生することがギャップの差であり、
この区間を理解していなければ、
収益賭けが困難である。



下部に紫色の区間を離脱ハンドィエ、
フェンボジャン仕上げイオトグヨ


週末を通して上昇を続けている途中、
日曜日の夜に下落が発生したため、
ジョブアルトでは、希望する動きが出ておらず、

パワーレトジョ場合には、土曜日、
日曜日最大8%程度までの上昇があったが、
ビットコインの上昇により、

戦略は無効されました




中間に収益裸の方が多いくださったようだ
収入裸の方々おめでとうござい申し上げ


原則マーケティングだけ進行するので、
昨日の夜に下落後、ロングポジション2回翌節侯

午前に追加ロングポジション進入して、
ポジションを維持しています。

全体的な主要ポジションがまだヤンウンあるため、
ショートポジション/反対売買は行わずに

待機して、ロングポジションのみ動作します。


単純に操作すると、絶対的な振ることがない巨体


進入及び清算について残高まで継続して認証中なのに、
先週プレゼント締切を逃し
週末に休む所で清算できず
ロングポジションに噛まちゃいました〜

個人取引では毎日のミスだけ連発ですね



また、おそらく今日の午前の動きに戸惑うた方が多いでしょう。
追撃マーケティングされた方は、
両側に損失が発生した可能性が大きく、

単純に、トレンドの方向に進行された方は、全部受益権です。

キョルコ難しく考えないで、

単純にマーケティング願います。










主峰チャートです。

追加棒生成され、

先週と同様に、底区間が壊れ、
底固めが開始になったん


下部にMACDゴールデンクロスが待機中です。

イルボンチャートでは、今日の動きに応じて、
デッドクロスが出てくる順番で

影響力の順で見たときには、主峰チャートが強い。

この部分を重点にマーケティング戦略を持ってきたんです。








今日のマーケティング戦略です。

30群れのグラフスリップ。


ロングポジションマーケティング戦略です。

私ハンノムだけ敗方式ではなく、


情報をささげるの立場でも
トレンド方向に限り、運営することが正しいです。



両方の方向に欲私と、大きく損失日数おり
チャートのみが表示されるので、
日常生活に支障が来るようになります

また、私は中立的な情報を届け立場であり、
別にコメントせずに1回だけの分析文を載せていただくために

慎重に情報をささげと思われます。


今ロングとショートポジション進入された方の中
誰よりチャートが気になって気になるでしょう?


今日の午前のような動きで、下に下落している途中
突然で上げてしまうと、
ショートポジション進入した方には、全部受け継いしまうさ
対応が困難になります


ロングポジションとショートポジションは運営方法がまったく異なります。
必ず覚えてくださり、
私は今日も原則通りの状況見ながら対応する考えです。


ロングポジション戦略であり、

通常の青波の1次ロングポジション戦略と
赤垂直下降の場合の二つを準備してきんです。


下部に緑色パラレルラインサポートラインを追加棒離脱時
損切りの後、無ポジション終了です。

青のパスでは、
パラレルラインを突破していることを確認し
後に突破できない時
短くショートポジションパス確認してくださって

途中で、指のボーナス区間チェックくれるんです


上部には、先週末ので発生したギャップ差200ドル程度表示しました。


現在イルボンと主峰チャートで床区間に
壊れているため、再び上昇する時間が必要やるように示しジグヨ

表示ドリン主要区間に集中してください


また、今回のギャップ差戻した後に
ビットコインが再びジョンゴジョムを突破した場合には、

以降では、ビットコイン吸収盛大法が出るので、
現物取引所運営の方は参考いただき、
対応と思います。


吸気声帯法の根拠としては、
各メジャーアルトコインのポジションをチェックしてみて
わかります


難なくチャートについて時間帯別
意味を置いて、解析すると、絶対的な困難がありません


さて、今日はここで仕上げよ。



ありがとうございます。




コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト