tawamiko-N

波動分析 〜想定まとめ2〜

INDEX:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
こんにちは。たわみこです。
今回も長い投稿ですが、お付き合い下さいね😉

本日は過去投稿の”想定まとめ”その後の進行状況を確認と新たな想定Fを提案します。

まず、表題のチャートは各想定の進行想定と破綻ポイントをまとめました。
今後の動きではどの想定が破綻し、どの想定に近い動きになるのか確認しながらカウントを追っていきましょう。

では、以前投稿の想定はその後どうなったのか確認していきましょう。

想定A(リーディングダイアゴナル説)
以前の投稿ではダイアゴナル4波のリトレースを割ってくると危険水域としてきました。
今回の下落でそのラインを割ってきましたね。まだ破綻はしていませんが、想定の優先度はかなり低くなってきた想定となります。

想定B(フラットC波ダイアゴナル説)
こちらも実質的には想定Aと同じです。こちらはダイアゴナル2波になるのですがリトレースを割っており、優先度が低くなった想定となります。

想定C(X波フラット説)
この想定の重要な部分はフラットC波が収縮型ダイアゴナルであるという点です。
というのも見てお分かりのように、1波が長いですので段々とアクション波が短くなる収縮型が最も自然な形です。
収縮型と1波、4波が重なる条件にすると上記のような形になります。今から急騰するようであれば可能性ありそうですね。
このような収縮型も考えられますが、このダイアゴナルだと5波が3波より長くなってしまう為にNGと考えます。
形も少し歪に見えますしね。

想定D(ダブルスリーX波説)
X波は色々な修正波が考えられますね。トライアングルは一例です。
この想定はもう少し形が見えないと判断出来ませんので、様子見とします。

想定E(インパルス説)
こちらの収縮型ダイアゴナルであればリーディングと考えられますね。また2波の戻しもリーディングダイアゴナル4波あたりというガイドラインにも適合しています。
であれば現在が3−2波になりますので、リトレース浅く急落する可能性もありますね。

想定F(拡大フラット説)←NEW
拡大フラットのリトレースとB波ダブルジグザグW:Y=1:1.618と近くなっているのも面白いですよね。
前回の簡易版でブルーラインを越えれば下げ波は終了したと考えますとしていましたが、越えずに下落しました。
ですのでまだ下落波は継続していると考えています。
カウントはこのように考えてます。リアクション波の作成時間など前々回投稿のバランスもいいダブルジグザグですね。
この想定では拡大フラットのリトレースやダブルジグザグの比率をもとに想定していますが、それよりも浅い場合や深い場合も考えられますね。
また想定Eとも近い波形になるので、判断が難しい想定とも言えると思います😅

今後は表題の想定まとめを参考にカウントを追っていきましょう。

では、また来週ですね👀

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。