BINANCE:BTCUSDTPERP   Bitcoin / TetherUS PERPETUAL FUTURES
去年の(たしか)21日に
バイナンスのスポットティッカーが異常な値を配信するという事態になった際に,
(トレーディングビュー上(BAINANCE:BTCUSDT)は値が更新されていない状態が数時間続きました)
一応稼働し続けていた無限先物チャートを見ています。

左画面はフィボナッチエクステンション。
右画面はフィボナッチリトレースメント。

2020年10月中旬から買いが強い様子とその中でも節目での調整が入っているように感じています。

コメント: また大事なことを書くのを忘れてました。
右側画面のFRは反転設定にしてます。

もう一つ右側画面の右側(最新)FRは
EWの推進波動終了を確認していない状態で仮引きしたものです。
コメント: 短期時間足(右側)が直近高値を超える動きを見せたので,
上段チャート左側画面の推進5波が伸びるシナリオも追記します。

いずれにしても調整(修正)波が想定される位置でロングする優位性は無く
(スキャ除く)
逆張りのリスクは直近のトレンドの強さ相応なので,
本記事の方向性は「ニュートラル」のまま変わらずです。
コメント: 最終稿

体裁を見易くしてみました。

コメント

大きくエクステンドしてます。
返信
5波がエクステンドしそう(すると1500幅くらい獲れそう)
とか妄想する展開になってますが,上に最終稿と書いてしまったので,
勝機がありそうですが,今回は投降することにします。
返信
到達不能で戻ってきた年賀状を寒中見舞いにコンバートして送りなおすという平行タスク中なので・・
というのは言い訳です。

人生の大半は平行タスク,マルチプロセスですからね。
返信
少し拡大したチャートを補足添付します。
返信
今年もアイデア投稿は少なめの予定です。
返信