masao_shindo
教育

移動平均線大循環分析 ~仕掛けの考え方~

TVC:DJI   ダウ指数
移動平均線大循環分析における仕掛けの考え方です。

今回のチャートはNYダウの日足チャートです。

基本的な仕掛けは3つあります。
「トレンド転換の仕掛け」
「トレンド継続の仕掛け」
「もみ合い放れの仕掛け」

移動平均線大循環分析において仕掛けの基本は、第1ステージで買い、第4ステージで売り、です。
ここで、トレンドが大きな相場をしっかりと獲ることが出来るようになれば、次に、相場の状況に応じて仕掛けを替えていきます。

「トレンド転換の仕掛け」
大きく上昇(下降)した相場が反転して、下降(上昇)相場に転換するところを狙う仕掛けです。
相場が転換するかどうかは後にならないとわかりません。また、完全に転換してからでは相場が大きく上昇(下降)していることもあります。
よって、一手早く仕掛けます。「第6ステージで買い」「第3ステージで売り」

「トレンド継続の仕掛け」
第2ステージ(第5ステージ)で決済した、とか、第3ステージ(第6ステージ)で決済したあとに、トレンドが転換せずに継続しているとき、
つまりは、第1ステージ(第4ステージ)に戻ってきたときは、その時に仕掛けます。

「もみ合い放れの仕掛け」
帯を挟んで価格が推移しているときは、もみ合い放れを待ちます。
もみ合い相場の高値(安値)を更新して、尚且つ、第1ステージ(第4ステージ)であれば仕掛けます。

トレンド転換したのか、継続しているのか、もしくは、もみ合い相場なのか、
この見極めは慣れるまでは時間がかかるでしょう。
しかし、これらを意識するのとしないのとでは、天と地の開きがあります。
時間がかかってもマスターしていきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
もみあい相場か否かの見極めに苦労しています。
返信
@Henry-T, さん
コメントありがとうございます。

トレンド相場とトレンドのない相場の見極めは、移動平均線の方向性を見ます。
移動平均線が横ばいになるところが、もみ合い相場になり易いです。
100EMAや200EMAを入れてチャートを見てみましょう。
そこに、ヒントがあるかもしれません。
返信
Henry-T Henry-T
@Henry-T, 有難うございます。もみあい相場判別基準でもあればよいなと願います。陰線陽線が交互、ローソク足が短い、帯の上下に価格が渡る、など。特に困るのは、レンジの幅が広がりながらもみあいが継続されるときです、上昇かなと思ったら残念でしたと帯の反対に大きく揺れ動きます。18日にお話しできたらと思っています。
返信
@Henry-T, さん

コメントありがとうございます。
上昇傾向(下降傾向)のもみ合い相場は難しいですよね。
このケースの時はチャネルラインが綺麗に機能しているかどうかを確認してみましょう。
下記もご覧になってみてください。
18日は、大阪で「実践トレードラボ」の日ですね。
こちらこそ宜しくお願い致します。

返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト