COINTOKYO

イーサリアム(ETH)はこれまでの上昇から失速、今後は下降チャートを形成するのか?-1月9日チャート分析

BITFINEX:ETHBTC   イーサリアム/ビットコイン
仮想通貨イーサリアム(ETH)はサポートラインを割り、1月以降の上昇分を約半値戻す展開に

ETH/BTCの2時間足チャートをみていきます。1月5日までに価格を0.0417BTC台まで上昇させたETHですが、その後は下降チャートを形成します。1月7日には昨年12月24日以降、レジスタンスラインとして機能してきた0.0376BTC台に接触、それまでの下落を踏みとどめようとしましたが、1月8日には遂にサポートラインを割る値動きをみせてしまいました。その後ETHは0.036BTC台まで下値を落とします。0.036BTC台という価格帯は1月1日から1月5日までの間で上昇した約半値を戻したということになります。

0.036BTC台接触後のETHは反発をみせ、再び0.0376BTC台上で値動きをみせています。一度重要なサポートラインを割ってしまったETHは今後更なる下降チャートを形成する可能性が高まることになったといえるでしょう。

次にETH/USDの買い注文量を確認していきます。ETHの買い注文は1月5日の時点で、2018年最高値となった9月23日の量まで達しています。買い注文チャートで一つのレジスタンスラインとなりやすい位置まで上昇したETHにとって、買い注文量が増えにくい状況へ切り替わったといえます。

ハードフォークの予定日まで残りわずか3日となったETH、市場ではハードフォーク後の急落に警戒し始めるタイミングといえます。ハードフォークの内容次第ではETHが価値を大きく上げる可能性もありますが、仮想通貨市場において、ハードフォーク後のチャートでは下降チャートを形成する場面が多々見られてきました。そのため現在のETH市場ではハードフォーク直前のために、逆に買われにくい状況ともいえます。重要なサポートライン割れもみられ、買い圧力が弱まってきているETHにとって、今後下降チャートを一時的に形成する可能性は高いのではないでしょうか。
コイン東京―仮想通貨ニュースと速報
https://cointyo.jp/
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト