readnow

ETHUSD チャート分析

ショート
BITTREX:ETHUSD   イーサリアム/米ドル
二月程度の適当な横ばいをしています。
280階と310階に主要ボックス圏をなしています。

適当な底を打ってから買収して10%程度の差益を上げながら食べられますね。

最初の灰色線は10月16日は、ビザンティウムハードフォークでした。 その当時、20%程度の急騰がありました。

二番目灰色線は11月3日デブコン3(開発者会議)でした。 会議内容によって前と同様に20%程度の急騰はいるんじゃないかという期待はしました。 ご覧のように市場の反応は冷え冷えしました。

11月15日の上昇は少し意外でした。 噂には某の汲み上げ集団(Diva Pumping)が訪れたということわざもあります。 オレンドの信号では今がピークのことで表示されます。つまり今後の下落を予想しています。

ETHは2017年6月12日32%で持続的に下落し、2017年11月17日、約14%の占有率を見せています。 多くの彼らが価値投資をしながら重厚に持ちこたえているが、長い戦いに疲れていて出たり、ビートで吸収されていると思います。

現在はETHの価格回帰本能に再び以前の本来の場所に帰ってくると思います。