r6bztqtcq4

EURGBP 2022年8.2 現状把握

ショート
FX:EURGBP   ユーロ/ポンド
月足で見ると下目線です。

ですが現在ちょうど月足単位でも価格がよく跳ね返るラインにきておりそこを抜けるのはもうしばらくかかるかも?でもいま現在も下への流れが最底値付近で強いかなぁと見えてます。
コメント: 週足
なんと2016年7月からボックスレンジなんですね。
今のラインでかなり何度も跳ね返されています。今回も跳ね返される方が強いかなぁ。。。
ですが抜ける時は是非はいっていきたいレンジの長さですね。
コメント: こちらはボリンジャーバンドを使った週足
まあ巡航でいけば上なんですけどね。
コメント: ピンクの下のラインまで落ちていってもおかしうなさそうな形はしている。
コメント: 日足
並行チャネルは今年の4月からのもの。
上抜けしてますね。

うーんやはりもう一度跳ね返って飛ぶか?
コメント: 4時間足
並行チャネルを上抜け、その上ぬけたトレンドを下抜け。
コメント: 下降トレンドですがやはり近日中は上に行くのでは?という感じですね。

とりあえず週足で見えるボックスレンジの下限に今いるので上に行くにしろ下に行くにしろチェックしていきたい。
コメント: ポンド指数 日足
長く続いていた下降トレンドを上抜け。
ダイバージェンスも強く見られており上昇が強そうです。
コメント: 太い赤いトレンドラインまで落ちるかと思われましたがそこまでは行かずもう上昇をはじめるのでは?と思ってます。
今日分析を始めた時ショートだなぁと思っていたのはこれからポンドが強くなりそうだなぁ、ユーロが強くなりそうと先週までは思っていたのですがダラダラと落ちてきてしまって、ポンドは下げ止まりがしっかりしている印象がありました。

なのでユーロポンドは下か?
と分析をはじめたのですが、正直週足、日足を見るとユーロのが強くなる兆しも見えておりましてどちらかに決め打ちするのはちょっと危険かもなぁという印象です。
コメント: ユーロ指数 日足
見ての通りユーロは大きなサポートも割って下げが強い状態のままです。
こうみるとポンド(強)ユーロ(弱)でユーロポンドは下げが巡航かと思いました。
ですが日足、4時間足などではユーロ反撃の兆しもみえているのでしばらくは上昇を警戒しつつ大きな流れは下目線かなぁという今回の分析でした。

以上です。
ありがとうございました。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。