masao_shindo

トレード実践編「Trend is Friend」 ~この場合何を考えるか~

教育
FOREXCOM:EURJPY   ユーロ/円
ユーロ円の月足、週足、日足チャートです。

トレードするときに、どの銘柄がエッジがあるか、もしくは、どの銘柄がエッジが出てきそうかを確認するために、
私は、必ずその銘柄の月足、週足、日足を確認します。

今回、エッジについての質問がありましたので、ユーロ円を例に考えてみましょう。
「エッジ」とは優位性ということです。
通常、相場はフィフティーフィフティーですが、その50:50の局面から若干「買い」、もしくは「売り」が有利になるところがあります。
その局面をどう探すかが重要だと感じています。
そのヒントを時間軸の違うチャートからも探します。

ではこのユーロ円の月足を見てみましょう。
月足は移動平均線大循環分析では第4ステージです。
帯を見るともみ合い相場になっています。
上下どちらに大きなトレンドが発生するかに注目となりますね。

週足で移動平均線大循環分析では第4ステージを維持していますね。
このまま下降トレンドが継続するか同課の確認が継続です。

日足では移動平均線大循環分析では第4ステージです。
月・週・日足でのトレンドラインが抵抗線として機能しています。

ということは、仮に4時間足や1時間足が第1ステージとなったとしても、細心の注意が必要だということが分かります。
なぜなら、月・週・日足が第4ステージだからですね。

もちろん、4時間足や1時間足が第1ステージになったところが、大局のトレンド転換となることもあります。
しかし、多くは戻り売りになり直ぐに撃沈となることが多そうだとチャートから感じ取れます。
ですから、せめて、日足が第1ステージになるとか、そこまでいかずとも、第5ステージや第6ステージとなり、
そこから、4時間足や1時間足が押し目の第1ステージになったところを狙えば撃沈のリスクが軽減されます。

相場はいかにトレンドの流れに乗るかです。
「トレンド・イズ・フレンド」とはよくいった相場格言ですね。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

有難うございました。フラクタル、よく使えていませんでした。re凡
返信
@Henry-T, さん

コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト