masao_shindo

拡大型トライアングル 

教育
FOREXCOM:EURJPY   ユーロ/円
(EURJPY)ユーロ円 日足と1時間足

クリスマスや年末を迎えてマーケットがどうなっていくのかを注視する日々です。

欧米ではクリスマスから年末まではマーケットは開いていますが流動性は低下します。

つまり、取引する人がぐっと少なくなるということです。

そうすると、どういった現象が起きるのでしょうか。

考えられることは大きく分けて二つです。

一つ目は価格の動きが小さくなります。

もう一つは流動性が低くなることで、ふいに長い上ヒゲや下ヒゲが出て、その後何もなかったように価格が戻ることです。

現状のユーロ円の日足を見ると、高値切り上げ、安値切り下げの拡大型トライアングルの動きになっています。

ということは、上記の二つのパターンで見れば上ヒゲや下ヒゲに注意が必要であるということですね。

今年も起きるかどうかはわかりませんが、フラッシュクラッシュ(瞬間的に起きる強烈な円高や円安)にも注意をしておきましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

ヒゲ(性質にもよりますが)で付けた価格は重要度は低いと思いますがいかかがでしょうか?
返信
masao_shindo am41tkbb2560
@am41tkbb2560, さん

コメントありがとうございます。
仰る通りですね。
株式の場合は始値と終値の重要度が高いと感じています。
なぜなら、そこの取引量が圧倒的に多いからですね。
為替の場合は、24時間取引なので、株式よりは少しだけヒゲの重要度が株式よりは高いと感じています。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト