OANDA

ユーロドル反発の可能性を探る

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
昨日のユーロドルは下値を探る動きが続いた。RSIでダイバージェンスが発生していたことから反発の可能性も考えられたが、直近の安値をあっさりと割り込む動きとなり、下落基調が勢いづく展開となった。
ただし、その後に買い戻しが入り、盛り返す動きとなっているところを見ると、本日も反発の可能性を視野に入れながら挑む必要はある。
高値を結んだラインやRSIがしっかりと50を上抜ける動きとなった場合には反発に転じる可能性が高まる。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。