foxxrexx_

10/18-20 ユーロドル 三角保ち合いを再度形成 ブレイクを見込む

ショート
OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
先週13日水曜日に三角保ち合いを上にブレイクしましたが、
その後14・15日と下値を抑えられ上値が切り下がる三角保ち合いを
再度形成しています。


どちらにブレイクするか、ですが、金利の動きからは下に見えますが、
そろそろ1.17くらいまでの上への調整が入ってもおかしくないと思います。


ブレイク後の動きとしては、上方向の場合は最大値で1.1715ほどまで
(いくつかの抵抗線については、前回のアイデアを参照ください :
https://jp.tradingview.com/chart/EURUSD/...)。


下方向の場合は、今年安値の1.1524を抜ければ、さらに下と思いますが、
もし、手前で反発する場合、上記の値ほどはショートスクイーズすると
予想していますので、ここの急展開の可能性は注視すべきと感じます。
トレード中: 下方向にブレイクしたと思いましたが、
5日移動平均線にサポートされ上方向へのブレイクとなりました。

抵抗線の値が変わってきていますので、修正値を追記します。

 ・(突破) 1.1600 : 節目であり、現在既に抵抗線
 ・(突破) 1.1615 : 9月高値と10月安値の間23.6%の位置
 ・(突破) 1.1625 : 20日移動平均線が降りてくる辺り
 ・1.1640 : 10月高値
 ・1.1650 : 節目
 ・1.1670 : 9月高値と10月安値の間38.2%の位置
 ・1.1700 : 節目
 ・1.1715 : 9月高値と10月安値の間50%の位置

おそらく行っても1.1715までと考えています。
1.1640〜50が次の壁で、ダブルトップ形成でここから下落する
可能性もあるかなと推測しています。

金利は現時点で落ちてきています。
相関性が高いので引き続き注視していきます。

[Twitter]
ユーロドルの為替トレードを行う際のメモを随時公開しています。
https://twitter.com/Foxrex_