FXStreet

ユーロ / 米ドル: テクニカル的な値動き

FX:EURUSD   ユーロ/米ドル

FXStreet -  FXStreet主任アナリストのValeria Bednarikは、昨日木曜、主要通貨は米ドルに対し、まちまちな終値を付け、ユーロは、水曜の上昇分を半分ほど解消して終了したと解説。

主な引用:

「ペアは、ドル売りの勢いも衰え、1か月振りの高値1.1042から後退した。このペアの後退には、特定のマクロ経済データの影響はなく、この値動きは、テクニカル的なものであり、FRBの来週の会合を前に、ユーロが反発を終了したことが要因であろう。米国の週毎の12月4日締めの新規失業保険申請件数は、前回の26万9000件から28万2000件と増加し、ドル上昇を足踏みさせた。

ユーロ / 米ドルの日足安値は、1.0924にあり、その後の反発上昇は、1.0975の直近レジスタンス水準によって、制限された。

短期的には、1時間足チャートでは、レートは、弱気地合の20SMAの下方を維持、テクニカル指標は、中間線の下方へと向かっており、今後の下落を示唆。4時間足チャートでは、20SMAが現行レートの下で、上昇を維持、この水準が直近サポート水準を1.0920で提供している。テクニカル指標は、買われ過ぎから反発した後、中間線の上で上へと向かい、当面の下落の可能性を制限している。」
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い マイサポートチケット サポートにコンタクト 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト