OANDA

ユーロドルは引き続き方向感なし。均衡が崩れるのを待ちたい。

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
OANDA:EURUSD
昨日のユーロドルはドラギ総裁の会見までは底堅い推移が続いたが、会見後に下落、反発と上下に触れる動きが続き、終わってみれば、鈍い動きが続いた。
日足チャートでは保合いの続く中、上下にヒゲ付きの方向感を見出しにくい状況となっており、引き続き均衡が崩れるの待つ状態が続く。
時間足チャートでも値動きが収縮中。短期的な動きでは直近では高値更新に失敗するような動きとなっているため、安値を結んだラインや直近のサポートである1.133を守れるかどうかに注目したい。