mikan-ya-EURUSD

ユーロドル:1.1880-90が目線の転換の大きな目安かと…

FX:EURUSD   ユーロ/米ドル

ユーロドル
22:42 2017/10/11

 下目線を継続するか否かの大事なポイントに差し迫ってきているように思いました。

 週足を見ると、5週平均線(現在1.1855)、週足+1σ(1.1877)と、大事なラインに近づいてきました。この2つのラインを上抜けるか否かで、今後が変わってきそうです。
 もし、この2つのラインを上抜けてしまうのであれば、緑の一番上のラインではね返された可能性が出てきます。そうなると、これまでレジスタンスとして機能してきた、このラインが今度はサポートとして転換するおそれがあり、新たなチャネルを形成する可能性も出てきたと考えられます。今はまだわかりませんので、9月4日の週につけた高値1.2092を基点としたチャネルラインを点線(まだわからないので…)で加えてみました。これより、もし反転上昇するのであれば1.208-1.123くらいが上昇の目標になるのでは?と考えています。
 上のことを考えてみましたが、まずは5週平均線と週足+1σを上抜けるのを確認しないといけません。それまでは上目線とまでははっきりと言い難いです。

 日足を見ると、日足+1σをしっかりと上抜け、次の25日平均線(現在1.1860)を目指しています。この付近をしっかり上抜けるのであれば、週足5週平均線、+1σも上抜ける可能性が出てくるので、25日平均線は下目線として最後の砦のように思います。この付近の反応を見てみたいです。
 しかし、25日平均線でショートするかどうか考えましたが、昨日と今日(現時点の…)の陽線の実体が長いことから、あまり積極的にショートするのは怖い気もしましたので、25日平均線付近のショートは様子を見ます。

 4時間足を見ると、きれいな上昇を描いています。バンドも発散し、5本平均線(もしくは4時間足+1σ)~+2σのラリーをしているように見えました。安易はショートは4時間足レベルでも難しそうに感じます。もし、週足5週平均線、+1σを上抜けた1.1880-90くらいまでしっかり上昇するのであれば、明日は押し目買いで考えますが、もし、その付近ではね返されるのであれば、週足レベルで下目線は継続していると考え、4時間足+1σを実体で下抜けたときに追っかけショートを考えたいと思いました。

 基本的には、あまり無理せず様子を見ながら今後を考える日になりそうです。


ユーロドルのポイント
・週足レベルで大事なポイント付近に位置
・1.1880-90を上抜けるなら下目線は終了、押し目買いのポイントを探したい
・上昇するなら目標は1.208-1.1230付近か?
・4時間足5MA(+1σ)~+2σのラリーか?
・1.1880以下ではね返された後、4時間足+1σを下抜けたときは追っかけショートを考えたい
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト