Nekko

【EURUSD】ユーロドル 1h足 安値ブレイクでまだ下げる可能性

ショート
FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
ユーロドルを1h足でトレードする場合の戦略を考えてみたい。

まず上位足の日足は
1.17041ドル(L1)を割ってダブルトップ完成で下降トレンドを形成。
11月26日からレクタングル(長方形)もしくは三角保ち合いに似た形状となりレンジの展開へ。


この様な形状が出た場合、今までのトレンドが継続することが多い。

これらを踏まえて1h足の分析を行っていく。

・移動平均線からの分析

5EMA
25EMA
75EMA
90EMA
200EMA
共に傾きが下方向へ転じている。

また、5EMAのみならず25EMAも75EMA,90EMA,200EMAを下に位置しており、下降トレンドの力は強いと考える。
よって移動平均線からはショートと判断。

・ライン分析および価格帯別出来高からの分析

日足が保ち合いとなっていることから、直近安である1.12220ドル(L2)がまず意識される。
次に意識されるのが2020年6月のもみ合い時につけた安値である、1.11683ドル(L3)が意識されよう。
価格帯別出来高においては日足で見ると2020年2月から7月にかけてのしこりが残っており、すんなりと下抜けするとは考えにくい。
よってショートではあるが加速度的な下げとはならないであろう。

・まとめ

移動平均線での分析ではショート
ライン分析および価格帯別出来高からの分析ではショートではあるものの下げ渋りも懸念される。

よって総合的には、ショートであるが2021年11月中旬の様な急激な下げでなく、売り買いが激しい攻防の中で、じわりじわりと下げていくのではないかと考えている。

よって、1h足のトレードにおいては大きなトレンドよりは、小さな利益をコツコツ積み重ねていきたい。

LINE公式では
"“トレードで安定して利益を上げる為に必要なロードマップ"
を全5回の動画で配信しています(無料)
https://all-directions123.com/next-stage/

また、年に1度、FXに特化した有料トレード講座の募集をLINE公式から行っています。
一人一人のサポートをしっかりしたいので、
人数限定、審査制で行っていますが、
興味があればLINE公式に登録しておいて下さい。

(注)
銘柄、通貨ペアの推奨は行っていません。投資は自己責任でお願いします。
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。