masao_shindo

大循環MACDの研究 ~ダイバージェンス~

教育
FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
ユーロドル 週足チャート

移動平均線大循環分析は3本の移動平均線を使います。

大循環MACDは
MACD1
MACD2
MACD3
3本のMACDを使います。

では、MACDとは何でしょう。

MACDを日本語にすると移動平均線収束拡散手法といいます。

MACDの最初のMAとは、移動平均線のMA、Moving Average、ここはわかると思います。
MACDのCがコンバージェンスのC、
MACDのDがダイバージェンスのD、となり、日本語で収束、拡散となります。

つまり、移動平均線(短期線)と(中期線)の間隔の差を表しているのが「MACD」となります。

そして、ダイバージェンスとは、価格とMACDの動きが逆方向に動き、反転の兆しとされるサインです。
このダイバージェンスは、売買サインではなく、変化の兆しとなります。

現状もダイバージェンスとなっていますので、ここからのユーロドルの動きにも注目しましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

YouTubeチャンネル開設
神藤将男チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXvNjlUPil_TtSa1M_4k8_Q
神藤ラインでトレンドの初動をつかむ!
https://bit.ly/2WcnVQ1%E2%80%8B

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター