masao_shindo

大循環MACDの研究 ~ダイバージェンス~

教育
FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
ユーロドル 週足チャート

移動平均線大循環分析は3本の移動平均線を使います。

大循環MACDは
MACD1
MACD2
MACD3
3本のMACDを使います。

では、MACDとは何でしょう。

MACDを日本語にすると移動平均線収束拡散手法といいます。

MACDの最初のMAとは、移動平均線のMA、Moving Average、ここはわかると思います。
MACDのCがコンバージェンスのC、
MACDのDがダイバージェンスのD、となり、日本語で収束、拡散となります。

つまり、移動平均線(短期線)と(中期線)の間隔の差を表しているのが「MACD」となります。

そして、ダイバージェンスとは、価格とMACDの動きが逆方向に動き、反転の兆しとされるサインです。
このダイバージェンスは、売買サインではなく、変化の兆しとなります。

現状もダイバージェンスとなっていますので、ここからのユーロドルの動きにも注目しましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。