masao_shindo
教育

大循環MACDの研究 ~ダイバージェンス~

FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
ユーロドル 週足チャート

移動平均線大循環分析は3本の移動平均線を使います。

大循環MACDは
MACD1
MACD2
MACD3
3本のMACDを使います。

では、MACDとは何でしょう。

MACDを日本語にすると移動平均線収束拡散手法といいます。

MACDの最初のMAとは、移動平均線のMA、Moving Average、ここはわかると思います。
MACDのCがコンバージェンスのC、
MACDのDがダイバージェンスのD、となり、日本語で収束、拡散となります。

つまり、移動平均線(短期線)と(中期線)の間隔の差を表しているのが「MACD」となります。

そして、ダイバージェンスとは、価格とMACDの動きが逆方向に動き、反転の兆しとされるサインです。
このダイバージェンスは、売買サインではなく、変化の兆しとなります。

現状もダイバージェンスとなっていますので、ここからのユーロドルの動きにも注目しましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト