kowatasan
教育

移動平均線、ボリンジャーバンド、ADX、DMIを使った分析についての概要

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
①トレンドの方向と強さを
世界中のトレーダーがチェックしているであろう時間期間に設定された移動平均線の並びと
その時間期間移動平均線を中心バンドとするボリンジャーバンド(短期・中期)から判断します。


②値幅が出ているトレードに適した地合いと、買い・売りの優勢劣勢を
それぞれADXとDMIで確認します。


③エントリータイミングは高値買い・安値売りを避けるため
ストキャスティクスで価格変動のリズムと短期的な過熱を把握し、押し目買い・戻り売りに徹します。

④トレンドの初動を見つけるため、
トレンドが転換する可能性のある、直近のトレンドに反する値幅に注目します。

これらを知らせてくれるインジケーターを見つつ、上昇・下落の終局場面を水平線やエリオットカウントから
意識してトレンドの終局以外でトレンドフォローを行えば、有利で確実性の高いエントリーができます。

ポジションをキープし利益を伸ばすのか、手堅く利食うのかは、
長期設定された移動平均線と中期・短期移動平均線の関係、価格と中短期移動平均線からの乖離に注目します。

移動平均線が短期から中期に並ぶ安定的なマーケット環境であれば利益が伸ばしやすく、利益追求を積極的に目指します。

価格が短期移動平均線から程よく乖離している時も、上昇・下落どちらかに偏っている、つまりトレンドが発生している
状況であることからトレンドに乗って利益を伸ばして行きます。反対に乖離が激しい時は目先のトレンドが転換する可能性を
察知し、短期移動平均線の乱れをサインに決済する手堅いトレードを心がけます。これらの判断は短期設定されたボリンジャーバンドで行います。

長期トレンドに乗る事ができれば、大きく利益を伸ばす事ができます。長期ボリンジャーバンドを表示し、±0.6σや±1σ超えから
過熱感が出る±3σや±3.5σにタッチしない範囲の中長期カンファタブルゾーンで、できるだけ利益を伸ばすトレードを心がけます。

スマホなどで見るとチャートが歪むのでスクショも添付します。
トレード戦略
①EMAとボリンジャーバンドからトレンド確認
②ADXとDMIによるボラティリティー確認
③ストキャスによる売買タイミング判断
④トレンド転換を起こす方向と値幅変化
https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/24518
TimeDimenSionと3つのインジケーターを手に入れ利益を上げる方法をトレード講座バウハウスで学ぼう。
https://peraichi.com/landing_pages/view/bauhaus

関連したアイデア

コメント

移動平均線、ボリンジャーバンド、ADX、DMIを使った分析
返信
移動平均線、ADX+DMI,ストキャスティクスを使い、分析とトレードを明快に行う方法
時間足を切り替えてもブレずに分析を行う方法(動画解説)
返信
ストキャスとADX+DMIを使った、トレンド方向への売買ポイント
返信
マーケットの3つの流れとそれぞれに使う具体的手法を知る
返信
移動平均線・ボリンジャーバンドの見方、使い方
(順行・逆行の境目はどこ?安定トレンドが続く、取りやすい環境はどこ?)
返信
投資を始めたばかりの初心者向けに、手法の種類や気を付けるべき事、やりがちな失敗について
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト