OANDA

【ユーロドル日足】出来高プロファイルを見ると1.153割り込むと1.14付近まで下値を探る可能性あり

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
先週のユーロドルは方向感の鈍い動きが続いた後、終盤は下値を探る動きとなった。
日足チャートを見ると直近では下値を探る動きとなり、高値更新に失敗し、安値を結んだラインを下抜ける動きとなっており、下値を探る動きが続く可能性を見い出すことができる。
ただし、米国雇用統計後の下押し分もあり、下押しが一過性になる可能性にも注意したい。直近のサポートとなった1.153付近までで踏ん張ることができるかどうかに注目したい。
出来高プロファイルを見ると、1.153付近から下では出来高が低下しているため、割り込む動きとなると出来高が多少増える1.14付近まで抵抗があまりない状態で下落が進む可能性を示唆しているため、下値を探りだした際は注意したい。

OANDA:EURUSD

コメント