trademeister10
ショート

トレードアイデア 「EURUSDユーロドルはECB政策金利後一時的な売り方向の動意があるか」 20190722

FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
毎週土曜日の朝6:00に発表されるシカゴIMM通貨先物ポジション推移。今週(といっても先週16日(火)のデータ)はユーロドルにおいてはほぼニュートラルな状態。買いも売りも拮抗しております。
やはりECB政策金利発表や、米FOMCを見極めてからやりたいと思うのが筋ですね。

チャートの環境認識においても強いニュートラルな状態になっています(高値安値が上下どちらにも更新できない)。

とはいえIMMデータでは、
USDCHFドルフランも含め、どちらかといえばショート方向に傾いていますので、
ECBイベント前後に下辺を切り下げたら売ってみるしかありません。

目先のターゲットもありますが、

ターゲットまで引っ張らずに「※適度に」手じまいしながら何度か売っていきましょう。

ECBイベント後は米FOMCに関心が移りますので要注意です。


※適度に・・・・トレードアイデア通りのTPまで我慢せず、目先の「場所の情報」で手じまうスタンスのこと。
トレードマイスター育成機構

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト