mikan-ya-EURUSD

ユーロドル:黄緑のチャネルと日足±2σが重なっているのでブレイクしたら大きく動くかも

ロング
FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
71 views
2
~ユーロドル~

11:32 2018/07/28記載

   月足を見ると、バンドの形がヨコヨコで大きな方向感はあまり感じられませんでした。17年7月月足より続いていた+1σ~+2σのラリーが、18年5月に実体で+1σを下抜けて崩れてしまっているように見えます。17年から続いていた上昇の風向きが変わってしまったように見えました。ただ、18年5月の月足が長めの陰線をつけてしまっていることから、下落しすぎたのかその後の値動きが乏しくなっているようにも見えます。この状況からはあまりはっきりとしたイメージはつかめませんでした。

   週足を見ると、バンドの5つのラインが下を向き、下降トレンドになっているように見えます。その上で、週足-1σ(1.1705)がレジスタンスとして機能し、週足-1σ~-2σのラリーをしているのかもしれません。しかし、6月25日安値(1.1527)が週足-2σではね返されて以来、黄緑のチャネルで推移しているのか、週足-2σを目指す様子は見られません。このことから、ひょっとすると、週足-1σを上抜けて上昇するのでは?と考えています。そうなると、25週平均線(1.2101)を目標にした上目線で考えたいと思いました。

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコでどちらか一方に大きく動き出すようなエネルギーがかなりたまってきているように見えます。また、この±2σ付近には黄緑のチャネルラインが位置しているため、その上でも大きく動き出しそうに思いました。週足レベルで上向きを疑っているため、もし日足+2σを上抜けバンドウォークするようであれば、ロングでついていきたいと思います。また、日足-2σではね返された形になるのであれば、それはそれで逆張りロングをしたいと思っています。もし、日足-2σを下抜け、下向きバンドウォーク状態になるのであれば、目線を中断し様子を見たいと思います。

・月足バンドがヨコヨコに
・月足+1σ~+2σのラリーが崩れたよう
・月足からはあまりはっきりとしたイメージはつかめなかった
・週足-1σ~-2σのラリーになるように見える
・週足-2σを目指す様子があまり見られない
・日足バンドはヨコヨコか
・日足±2σ付近が黄緑のチャネル
・日足+2σを上抜けバンドウォークするようならロングでついていきたい
・日足-2σではね返された形になるのなら、逆張りロングでついていきたい
・日足-2σを下抜けるなら目線な中断