terminal_coin

大きな三角保ち合いを抜けたビットコイン!ヒドゥンダイバージェンスも発生したがアームズインデックスも!

ロング
BITFLYER:FXBTCJPY   FX Bitcoin / Yen
大きな三角保ち合いを上抜け、移動平均線25も上向きと完璧な上昇トレンドです。

RSIを見るとヒドゥンダイバージェンスが確認できました。
ヒドゥンダイバージェンスは価格は下値を更新し切り上げていっているがテクニカルは下値を更新してしまっている言わば逆行現象のことですね。

この場合は買いのヒドゥンダイバージェンスになります。
買いの勢いが分かりますね。

青色の三角は上値を抑えているポイントで前回の分析で詳しく説明していますのでご覧ください!

前回の分析は「5月4日付近まで上昇を続けるか?」という内容です。

現在の価格を抑えているのは「買いZONE」と表示した103万円になります。
ここには過去、多くの反発ポイントがあり、ピボットのR1がかぶります。

ピボットのR1はレジスタンスポイントなので意識されていると思われます。
しかし、過去のピボットを見てみるとレジスタンスゾーンを抜けた際大きく上昇することが確認できます。

ですのでこのラインは注目ポイントですね!
サイトでこのピボットブレイクアウトとエルダーセーフゾーンを用いた手法を公開していますので興味がある方はご覧ください。

売りゾーンは過去のボックス相場の下値とピボットのS1になります。

最後に一番上のインジケーター「アームズインデックス」についてです。

アームズインデックスはTRINと呼ばれ「リチャード・W・アームズJr」という方が考案したマクロ指標となります。

値が1より小さいと相場は強くて、1より大きいと相場は弱いと見ます。
過去のパターンを見るに2以下で上昇トレンドが続いているなら更なる上昇が期待できそうです。

コメント