masao_shindo
教育

トレードの心得 ~何を意識するのか~

FX:GBPJPY   ポンド/円
ポンド円 240分足

チャートがごちゃごちゃしていて申し訳ありません。
ただ、私がトレードするときにはこのように様々なラインを入れて銘柄を分析します。

現在の状況を移動平均線大循環分析で見てみましょう。
240分足では現在「売り」にエッジがあります。

では、それまでの流れを振り返ってみましょう。
下降トレンドがありました。
安値をつけて切り返しました。表示されているところでは一番底と表現させていただきます。
勿論、安値を付けているときはそこが安値になるとは分かりません。
けれどもトレンドラインを上抜けると大きな陽線が出て切り返しました。多くのトレーダーが意識しているのでしょうね。
そこから移動平均線大循環分析では第1ステージとなり「買い」にエッジが出てきました。
ところが、長くは続かずに反落しあっという間に第4ステージとなりました。

ポイントはここからです。
そのときに、一番底を割るかどうかが重要です。
割れれば変則的ではありますが、売りのトレンド継続となるところでしたが、割りませんでした。
そして、安値と安値の間の「戻り高値」を超えてきました。
これにより、下降トレンドが完全に破綻し、上昇トレンドに移行したことが分かります。

さて、現在は第4ステージの「売り」にエッジがある状態です。
下降チャネルの中での推移です。
ここから下は200EMAが待ち構えています。
意識されやすいところです。ここでどのような攻防がなされるかです。
切り返すかもしれません。逆に、ここも割ってくれば前回の戻り高値の水平線が意識されます。
トレンド転換すると「サポレジ転換」していきます。(サポレジ転換についてはまた記載します。)

このように価格がどのように変化するのがトレンド継続で、どのように変化するのがトレンド転換かということを理解することが大事なのです。
ここからどうなるかは分かりませんが、流れが続くか、変化するのかというところを意識することでチャンスに気づきやすくなります。
トレードにおいては意識するべきことが沢山ありますが、今回の場合はトレンド転換のときに意識するところを記載しました。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト