FX365_Thailand

【GBPJPY】相場分析 20200222 難解な局面に突入したポンド円 目線は上で上昇チャネル下限でロング狙い

ロング
FX:GBPJPY   ポンド/円
2019年12月半ばのポンド暴騰以降、レンジでの行ったり来たりを繰り返しているポンド円。
明確なトレンドも出ておらず、正直今後の展開を見定めるのが難しい局面にあります。

月足から再度確認して、現在の相場の状況ならびに今後想定されるシナリオについて考察してみたいと思います。

<長期足>
月足
下値は127.74付近で固定しながら、高値が徐々に切り下がっているという局面です。
赤の斜線で引いた下降トレンドラインは、2019年12月半ばのポンド暴騰でブレイクされています。


週足
週足に降りて確認した時に着目すべきは以下の2点
・緑の上昇トレンドラインに沿って安値を切り上げ
・月足の下降トレンドラインブレイク後、ライン付近でもみ合い、200MA(水色ライン)を上抜け
これらは上昇を示唆するサインではありますが、ピンクの水平線で示した直近高値を超えられるかどうかがポイントです。


<中期足>
日足(最上部チャート)

日足では週足の下降トレンドラインの上に、もう1本赤の斜線の下降トレンドラインを引いてモニターしていましたが、このラインも上にブレイクされました。
ここからも上目線を意識させる相場の動きが読み取れます。

さらに緑の上昇チャネルで示したように、このチャネルの上限がレジサポとして2020年1月以降機能しており、今後もこのチャネル内での上昇継続の流れを考えることができます。


<今後のシナリオ>
上記の通り、上昇チャネルに沿った上昇継続を意識しています。
直近安値の水準であるピンクの水平線でレジストされて、緑の上昇チャネル下限まで戻った後、サポートされて再度上昇という流れが可能性のある動きとしてみています。(青の折れ線)

エントリーするのであれば、緑の上昇チャネル下限までの戻りを待って、ロングが狙い目です。


■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

TradingViewでFollowすると投稿の度に通知が届きます。ぜひフォローお願いします
http://bit.ly/3s888QI

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター