FX-HUB

イギリスは年内利上げ織り込み度100% ポンドドルの予想

ロング
FX:GBPJPY   ポンド/円
ベイリー総裁は目標を上回るインフレは定着しないよう手を打つ必要があると表明しています。

金融政策委員会ソーンダーズ委員も、市場がこれまでの想定より利上げ時期が大きく早まることを市場が織り込み始めているのは「適切だ」と述べています。



投資家は早ければ11月4日の会合で主要政策金利が現在の過去最低の0.1%から引き上げられる可能性を見込んでいる。


これは、ノルウェーとニュージーランドの中銀は既に利上げに踏み切っている。

来年に少なくともさらに2回利上げがあることを織り込んでいるほど先走っているところは気になります。


ただ、コロナ対策のロックダウンの反動で供給不足と人手不足に見舞われていることで、経済の勢いが失速するとの懸念がそうした見方の背景にありますし


足元では、感染も3月以来の増加、死者数もどんどん上がってきているのでADEによる弊害がではじめていると思われます。


英国がとりわけインフレになりやすく、このため利上げに向かいやすいとみている。


近い将来に1回だけの利上げでは、6%にも高進しかねないインフレをコントロールするには不十分だとの見方もあるぐらい迫っているので
難しいかじ取りにはなりますが、先にどんどんやっていくのが英国スタイルだと思われます。