koshian

GBPJPY 4時間足 9/27~ 月末の調整売りに注意

OANDA:GBPJPY   ポンド/円
=環境認識=
週足終値=151.42(+0.23%)→上値151.73→下値148.95で終了。
9/23のBOE発言により英国も政策金利の早期上げとテーパリングが早期に意識され長期債券利回り上昇に合わせポンドが買われました。
長い下髭で終了で買いに変化しています。

<シナリオ>
日足
① 再度トライアングルブレイクが意識され目先は直近FRの61.8%=153.03までを意識。
② 上昇し切れず下降した時はFR23.6%=150.16辺りの動きで判断しましよう。

4時間
① 前回下降FRが261.8%に到達したので上昇FRに切り替え。
② 上昇FR200%辺りで買われ止まっています、ここからの買いは高値掴みになりたくないので150.87まで落ちてくれるのを期待していたのですが、
ドル円の上昇も強く押しが浅く151.0から浮上してしまいました。
③ 経済指標時は特に政策金利の上昇が意識されると一気に伸びるので現状ではシナリオが難しくなっています。こういう時は下位足で計ってみます。

1時間
① 上昇FR261.8%付近まできたので一旦調整を意識して下降FRを引いています。
② FR③の23.6%下抜いて38.2%まで押し、さらに下抜いて来たら買いは撤退しましょう。
③ FR②の青矢印のように上に行けなかったら151.31から売っていくパターンもありです。
④ 昨日私は151.60を下抜いてから売りで対応しました。

相場目安
① 152.05→ドル円=110.50→ポンドル=1.3760、ドル円=111.00→ポンドル=1.3698
② 152.86→ドル円=110.80→ポンドル=1.3796、ドル円=110.50→ポンドル=1.3833
③ 150.60→ドル円=110.30→ポンドル=1.3653、ドル円=110.50→ポンドル=1.3628
※①はFR261.8%・②は前回高値・③は下降値FR61.8%を意識しています。

※月末の調整売りに警戒しましょう。上げ過ぎたら売りの調整が意識されるので、利食いを優先にします。