p29n2r8dnk

5/25 ポンド円 シナリオ

ショート
FX:GBPJPY   ポンド/円
ノートレード 自身のトレードの検証用とはいえ、分割画面にお絵描きだらけのぐちゃぐちゃした画面をみていただいてるマニアの方もいらしゃるので、少し補足をさせていただきます。

まず、”矢印マーカー”ですが、これは単純に76.4にトレンド方向にひいています。
天井を超える波動の始点の半分以上はここから出る。
そうでなくともここから捕まえられる。というのもふくめれば7割ぐらいあるのではと思っています。

黄色丸のところは下の61.8で反応してます。3-3の波動の後の押し目としては定番ですが、その後天井を抜け、かつ、戻ってこないポイント。というのが、76.4であると思っているわけです。

ですが、抜けたから、サポートされたから伸びるというわけではなく、タイミングもわかりません。
フィボナッチも弾きまくってぐちゃぐちゃなので、忘れないようにメインの76.4にしるしをつけています。

現状黄色の76.4は164円にあります。ここは大きな上向きの矢印になります。天井を抜ける大きな上昇はこの辺からの
波動を捕まえればいいということですが、当然3尊の左肩もあるように抵抗があります。というようにシナリオができてきます。今上昇のインジは週足と月足のみとなっています。下落の底は日足の200MA、下髭つけて、週足のMAと1σで止まってます。フィボナッチも下髭つけて31.8で止まってますので、上昇を狙える最下限で持ちこたえてる。という判断です。

週足のMAと下落の半値である、161.9を超え164円から抜けていくのが上昇の軌道ですが、普通に厳しいと思います。
下(151円)への起点は今の値段あたりですので、いつ伸びてもおかしくないところです。
すると、目標値は151円(起点)かフィボナッチエクステンションの1=148.75 昨年のレンジ最下限付近というシナリオもできます。

といろいろやっているとぐちゃぐちゃになります。
コメント: 訂正
週足のMA→週足の1σと下落の半値の161.65
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。