tetsu12jp

GBPUSD:2つのフィボナッチ

FX:GBPUSD   ポンド/米ドル
2018年4月15日の高値から2019年9月1日の安値までのフィボナッチ①と、2019年9月1日安値から同年12月8日の高値までのフィボナッチ②をセットしました。
12月8日が直近高値になるかはまだ不明ですが、高値と仮定した場合、フィボ①とフィボ②がいい感じに重なるので参考になるかと思います。

〇フィボ①50戻しとフィボ②23.6戻しの1.315-1.317
→選挙結果発表数日前からレンジ付近

〇フィボ①38.2戻しとフィボ②38.3戻しの1.288-1.292(やや広いですが・・・)
→10月下旬から11月下にかけてのレンジの中心付近

〇フィボ①23.6戻しとフィボ②61・8戻しの1.253-1.255
→9月20日付近の高値

また、現在値1.333付近ですが、ここからフィボ①61.8戻し1.345付近、8日高値1.351付近、フィボ①76.4戻し1.38へ上昇する可能性も考えられます。

個人的には、最初のサポート1.315-1.317付近(1.31の200週線までかもしれない・・・)まで落ちてから、再度1.351まで到達すると予想しています。それ以降はまだ不明。
根拠として、日足のRSIは買われ過ぎ水準で、かつ週足のRSIはまだ上げ余地があること、さらに、ファンダ的に、まだ英国とEU間の交渉が不確実であることでGBPは売り買いしづらい、かつ、米中貿易戦争も一時落ち着いてドル買いが入るのかな、というところです。
コメント: 書き忘れていましたが、今週はBOE金融政策会合もあります。利下げ決定はないと思うものの、利下げ主張を行うメンバー数の増減は不確定要素です。個人的には、木曜の政策金利は発表時より、政策金利決定に大きく影響する水曜発表のCPIが注目されるかと思っています。万が一CPIが1.5%を下回るとポンド売りのきっかけになります。
コメント: 火曜日だというのに1.315-1.317まで戻してしまいました。早すぎです。やはりこの価格帯で一度反発していますが、この価格帯で買う戦略は破棄しました。明日のCPI、明後日のBOE次第で200週線1.309付近まで戻るかもしれませんが、1.3割れして1.288-1.292の価格帯まで来ることは今のところ考えていません。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト