strain

逆Cカーブのトレンドの後、移動平均線がローソク足に近づくケースの特徴

教育
FX:GBPUSD   ポンド/米ドル
136 views
1
逆Cカーブのトレンドの後は、
移動平均線とローソク足の間の間隔が
大きく離れていることがほとんどです。

その状態から通常の状態に戻るために、
移動平均線がローソク足に近づく形で
逆Cカーブが一段落することがあります。

この場合、しばらくの間価格の変化がほとんどなく、
ローソク足が横ばいに推移することになります。
その間に移動平均線が移動平均線に近づくという流れです。

このようなパターンの場合、
一時的に価格変化が落ち着くので、
MACDが0ラインに近づいたり、
ストキャスティクスが50%付近に近づいたりします。

このケースは急落ほど少なくなりますが、
このような変化をすることもあると
知っておくことは良いことです。


また、多くの場合は、通常の状態に戻るために、
ローソク足が移動平均線に近づく形で
トレンドと反対方向に価格が変化することがよくあります。

これは前期のアイデアで説明しています。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト