momomo-ta
ショート

2020年6月30日 GBPUSD デイトレテクニカル分析

OANDA:GBPUSD   ポンド/米ドル
1D

■カレンダー

月末!
🇨🇳10:00 CNY 製造業PMI
🇬🇧15:00 GBP 国内総生産
€18:00 EUR 消費者物価指数
🇨🇦21:30 CAD 国内総生産
🇺🇸23:00 USD 消費者信頼感指数
🇺🇸1:30 USD パウエルFRB議長
議会証言(ウイルス対策)
🇺🇸1:30 USD ムニューシン財務長官
議会証言(ウイルス対策)

■通貨ペア

EURUSD△   USDJPY△
GBPUSD ◯△    GBPJPY△
EURJPY △ 
AUDUSD △   AUDJPY△
NZDUSD△    NZDJPY△

■移動平均線(MA)

・位置関係…ダウントレンド正しい並び
・角度…緩やかとほぼ水平
・密度…やや広がっている
・方向性…62,144やや下 200,800ほぼ水扁

→ つまり、売りも検討するが積極的ではない

■環境認識
800ma 下
安値高値切り上げ切り下げ 安値◯ 高値×
適度な戻り ×
 
■フェーズ選択
・ダウントレンド弱-適度な戻り、ダウントレンド中レンジ

■戦略
▶︎短期トレード

■戦術
・短期逆張りのデイトレ
・スキャルピング 
・アノマリー
・FTN

■場所の情報

・キリ番 1.220 1.225 1.235
・サポートライン  1.220 1.225
・レジスタンスライン 1.235
・移動平均線 144EMA
・フィボナッチ2種類 FE 1→1.21951
・マルチタイムフレーム 144EMA 1.254
・日足ピボット

 R1 1.26075
 P 1.23406
 S1 1.20834

・ピボットライン 15分足
 
 R2 1.24520
 R1 1.23752
 P 1.23134
 S1 1.22376
 S2 1.21747

・ピボット 1時間足

 R1 1.24811
 P 1.23988
 S1 1.22507

■トレードプラン

・ダウントレンド戻り売り 
・ダウントレンド戻りブレイク売り
・ダウントレンド反転買い

月末でトレードが
しづらい日でもあります💦

チャンスがあっても短期売買で
すぐに利確するトレードを前提とします❗️

ポンドルは昨日
前回安値を一旦下抜けし
戻っている局面です。

安値を切り下げていますが、
高値は切り下げが確定しておらず、
上昇再開する可能性もある状況です。

わかりやすい
サポートラインとしては
1.220 と1.225とあり
昨日1.225まで下落しています💡

可能性としては1.220まで
一旦下落する可能性も残っており、
🇬🇧15:00 GBP 国内総生産の影響も
受けると想定しています❗️

15時の発表の影響をふまえ、
切り下げる動きが確認できたら
まずは1.225までを検討するトレード
🌸プランB

その次に1.220付近までを
検討するトレードを考えています❗️
🌸プランA

発表内容が好感され、
上昇に転じる動きが出たら
1.235をTPとして検討するトレードに変更します。
🌸プランC

■アラート

1.225 で切り下げるかチェック
1.220 反転するかチェック

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト