OANDA:GBPUSD   ポンド/米ドル
■カレンダー 


2021年6月18日 金曜日
未定 JPY 日銀金融政策発表
15:00 GBP 小売売上高(前年比) (前月比) (5月) 1.6% 9.2%
未定 JPY 日銀記者会見



■通貨ペア

GBPUSD  

■移動平均線(MA) 動向チェック

・位置関係…アップトレンド正しい並び
・角度…拡張中
・密度…並行に広がっている
・方向性…やや上 800ほぼ水平

→ つまり、積極的に買いづらい


■環境認識
800ma 上
安値高値切り上げ切り下げ ◯
適度な戻り ×
 
■フェーズ選択

アップトレンド強-反発戻し

■戦略
 ▶︎短期トレード

■戦術

▶︎手法
・カウンタートレンド
・短期逆張りのデイトレ
・スキャルピング 
・急騰急落逆張り
・FTN
・アノマリー

■場所の情報

・キリ番 1.41 1.4 1.39

・サポートライン 1.39
・レジスタンスライン 1.4
・移動平均線 62

・フィボナッチ
リトレースメント
前回高安  38.2% 1.39855
50% 1.40139

エクステンション
1.618 1.389

・トレンドライン

・日足ピボット

 R1 1.436
 P 1.408
 S1 1.393

■トレードプラン

ロンドンの入りの時間は乱高下するので
なるべくポジション持たない (16時 )
2021年最後でサマータイム廃止

▶︎売買パターン
・ダウントレンド戻り売り
ダウントレンド反転買い

日足のトレンドラインを割り込んで
上昇トレンドの流れが
反転してきている確率が上がっている

1.38あたりまで下落すると
確率がもっと上がる

FOMCのドル買い傾向から、
一旦適度に戻すか?
考慮する局面

フィボナッチエクステンションで
161.8%下落しており、
短期的な反転上昇を視野に入れる

ただし週末なので、
本格的に動くのは来週になりそう

🌸プランA
タッチしていないピボットポイントまで上昇
反転下落パターン

デイリーピボットとキリ番がある
1.395を切り上げるか?
チェック

BBとMACD 平均足、
ポンドフラン、ドルフランを確認して
短期買いを検討

ただし、想定する動きを完成するには
時間がかかりそう

🌸プランB
ピボットポイントとキリ番が重なる
1.395を切り下げて
サポートラインに向かって下落パターン

1.395を切り下げてきたら、
1.39を目安として10-20の
短期売り検討

🌸プランC
再度急落
1.39を切り下げたらチェック
ポンドフランとドルフランを確認して
タイミングあれば売り検討


■追記情報

ポンドフラン
ドルフラン
ドルストレート

■アラート

1.39 切り下げるか?
1.395 切り下げるか?切り上げるか?
1.4 タッチするか?切り下げるか?切り上げるか?