r6bztqtcq4

GBPUSD 2022/11/30 現状把握

ロング
r6bztqtcq4 アップデート済   
FX:GBPUSD   ポンド/米ドル
6ヶ月足です。
この足で見るとすごくわかりやすいのですが、過去のチャートを見てもヒゲが長く伸びてる後反対方向に大きく伸びていることがわかります。


さらに大きなダイアナゴル・トライアングルができてます。


月単位で大きな上昇が期待できるかなと。


実際もう上昇は始まっていると思うのですがまだ三角を上抜けていない状態。月、週単位でまだ押し目があるなら入っていきたい。
ということで以下別の時間軸も見ていきます。
コメント:
月足
RCI・RSIはほぼ底のほう。注目はMACD。価格は安値を更新してますがMACDは上向きで大きなダイバージェンスをしています。ここ2ヶ月で一気に上向きになった形。
コメント:
週足
この足で見るとRCI・RSIは上で振り切っている形。実際チャートも陰線になっており下落途中に見えます。

ということで週単位で待つつもりで大きなロングを狙っていきたいと考えます。
下落はどこまでか日足を見ます。
コメント:
日足
青いトレンドライン、水色のトレンドライン、そして現在の上昇のキーとなったであろう緑の大きなトレンドラインが見えます。

青いトレンドラインは今現在攻防といったところ。正直割ることを想定しています。日足も週足もRCIが上のほうにいるのにトレンドライン下部にいるからです。

水色のトレンドラインがまあ妥当?かもしれないですがこちらも実際落ちてみた時のインジケーターを見ないとわからないですがまあ折返しの候補として挙げられる場所かなと思います。あと赤い月足単位のレジスタンスのサポートともなる場所なのでやはりここは強いかなと。

最後もう1段階下の緑のラインまでもう一度押し目をつけにいくパターンです。
水色のラインを割ってしまったらありえますが、ここでもまだ大きな上昇論は崩れない折返し候補だと思います。


でもまあ水色のサポートラインが一番の候補かな。
コメント:
4時間足
こちらはRCIRSI全部下です。でもMACDを見るとダイバージェンスが見られます。
少し上昇したのちに青いラインは割る動きを想定。
コメント:
1時間足
グレイのボックス、上は水色のライン、下は赤のラインを直近でどちらに抜けるか見ていきたいです。
コメント:
ドルインデックス日足
ドルが上昇する=ポンドドルは下落なのですが、現在ドルインデックスは少し下降トレンドを上抜けたところです。大きな流れは現在は下向き、なので押し目をつけにいく形と読んでます。

しばらく上昇を見込めますがドルを買う場合は深追いはせず、本命は下向きを見ています。
コメント:
RCIとRCIが微妙にダイバージェンスしてますね。MACDだとちょっとわかりづらい。
コメント:
読みとしては三尊を落ちた水色のボーダーあたりまでは盛り返す読み。勢いづいてもっといく可能性もあるが。
コメント:
ポンド指数 日足
ほぼポンドドルと似たチャートですので同じような上昇トレンド内下降ターンと読めます。
コメント:
以上。
ありがとうございました。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。